理想と現実のギャップから国際結婚へシフト

    
     

今、50代なんだけど、
この年になってどうしても子供を欲しいと考えるようになったんです。
それまで結婚も諦めていたし、子供なんて欲しいと思わなかったのですが
両親からの期待もあるし、家族、子供を持ちたい気持ちが強くなってきました。

現実はカンタンじゃないことを痛感

ある程度予想はしていましたが、
50代での結婚を考えるのは想像して以上に難しいことを実感しました。

この2年の間に2社の結婚相談所を利用してみましたが
どちらの結婚相談所もまったく成果がありませんでした。

 

お見合い自体は何度かしたこともありますが
こちらの希望条件に合致した女性からはことごとく断られてしまい
希望条件に合致しない女性とのお見合いが数度あっただけです。

 

とても申し訳ない気持ちもしたのですが
子供を諦めることはできず、交際をお断りした次第です。

 

このままダラダラ婚活しても無理だ

2年間結婚相談所で婚活してみた結論ですが
この年齢からの婚活は非常に難しいものがあり、
相手の年齢を限定しちゃうと、ほぼ不可能だということがわかりました。

 

とくに50代で一般並みな年収であると、
30代の女性からしてみれば、
特別交際・結婚したいと思える条件が何も無いということになります。

 

相手の女性だって同年代の人を第一希望として考えるため
そもそも大幅に年上の男性との結婚を考えてくれる人が極端に少ないですし、
考えても良いとしてくれる女性は男性側のスペックをとても重視します。

 

ぶっちゃけ「お金がある」という条件がなくてはダメだということです。

 

薄々気づいてましたが、とあるところでそのことをズバっと言われちゃったんです。

 

国際結婚中国にシフトする

あまり知りたくない現実を目の当たりにしたため
半ば諦めかけていましたが、国際結婚中国という道を知ったのです。

 

 

今や経済大国となった中国ですが、農村部など格差が激しく
まだまだ貧しい生活を強いられてる女性も多くおり、
そういった女性が日本人男性との結婚を希望しているのです。

 

もちろん、お金だけじゃなく、日本人の「優しさ・寛容さ」も大きな理由なんだそうです。

 

とにもかくにも結婚したい、子供が欲しいと願う私にとって
こんなチャンスは二度とないと思えるほどに、国際結婚中国がチャンスなんです。

超前向きに検討することになりそうです。

 

PAGE TOP