理想と現実のギャップから国際結婚へシフト

今、50代なんだけど、
この年になってどうしても子供を欲しいと考えるようになったんです。

 

それまで結婚も諦めていたし、子供なんて欲しいと思わなかったのですが
両親からの期待もあるし、家族、子供を持ちたい気持ちが強くなってきました。

現実はカンタンじゃないことを痛感

 

ある程度予想はしていましたが、
50代での結婚を考えるのは想像して以上に難しいことを実感しました。

 

この2年の間に2社の結婚相談所を利用してみましたが
どちらの結婚相談所もまったく成果がありませんでした。

 

お見合い自体は何度かしたこともありますが
こちらの希望条件に合致した女性からはことごとく断られてしまい
希望条件に合致しない女性とのお見合いが数度あっただけです。

 

もちろん人としては良い人もいたのですが
やはりどうしても子供を欲しいことを考えると年齢的なモノがネックとなり
その女性とは交際へ発展することはありませんでした。

 

とても申し訳ない気持ちもしたのですが
子供を諦めることはできず、交際をお断りした次第です。

 

このままダラダラ婚活しても無理だ

 

2年間結婚相談所で婚活してみた結論ですが
この年齢からの婚活は非常に難しいものがあり、
相手の年齢を限定しちゃうと、ほぼ不可能だということがわかりました。

 

子供を諦めきれないため、必然的に相手女性の年齢が限られちゃうことで、元々自分のスペック的に婚活が難しいのに、さらに婚活を難しいものにしてるのは重々承知していました。

 

やはり子供が欲しいという気持ちは変わらなかったんです。

 

50代で一般並みな年収だと、30代の女性からしてみれば、
特別交際・結婚したいと思える条件が何も無いということになるんです。

 

相手の女性だって同年代の人を第一希望として考えるため
そもそも大幅に年上の男性との結婚を考えてくれる人が極端に少ないですし、
考えても良いとしてくれる女性は男性側のスペックをとても重視します。

 

ぶっちゃけ「お金がある」という条件がなくてはダメだということです。

 

薄々気づいてましたが、とあるところでそのことをズバっと言われちゃったんです。

 

50代男性が30代女性と結婚するためには、よほど魅力が無くては無理です。

たとえば、お金がある、地位がある、容姿端麗など、こういった同年代の男性と比べて何か引かれる魅力がある人なら十分可能性ありますが、一般的な50代だと本当に難しいのです。

国際結婚中国にシフトする

 

あまり知りたくない現実を目の当たりにしたため
半ば諦めかけていましたが、そこでひとつの道を見つけたんです。

 

それが国際結婚中国という道だったのです。

 

 中国人女性へと結婚対象を広げることで、婚活が一気に現実のものとなります。

中国の女性が何で日本人男性と結婚するのかというと、やはり日本が裕福だというイメージがあるからです。

 

今や経済大国となった中国ですが、農村部など格差が激しく
まだまだ貧しい生活を強いられてる女性も多くおり、
そういった女性が日本人男性との結婚を希望しているのです。

 

もちろん、お金だけじゃなく、日本人の「優しさ・寛容さ」も大きな理由なんだそうです。

 

とにもかくにも結婚したい、子供が欲しいと願う私にとって
こんなチャンスは二度とないと思えるほどに、国際結婚中国がチャンスだと実感しました。

 

国際結婚中国の進めかた

国際結婚中国の進めかたですが、まずは国際結婚相談所を探すところからスタートです。
いくつかの結婚相談所がありますが、残念ながら大手結婚相談所は国際結婚を扱っていません。

 

どういった結婚相談所が良いのか!?

国際結婚相談所を使う基準ですが、料金・サービス・フォロー体制の3点をチェックします。

 

まず料金ですが、国際結婚中国の場合、日本の婚活と違って成果報酬型の料金体系となっています。婚活も半年とか1年もやるのではなく、何期集中型です。

 

婚活自体にはほとんどお金はかかりませんが、中国現地でのお見合いとなると渡航費用がかかりますし、お見合い料金として5万円~15万円くらいかかってきます。

 

最終的に成婚となれば、150万円ほどの料金がかかります。

え!?150万!?
めちゃくちゃ高いと思ったかもしれませんね。

 

でも、国際結婚だとこのくらいの費用は覚悟しなくちゃなりません。

 

一般的な国内婚活と違って、女性紹介だけではなく、来日に関するサポートやビザ関係の手続きも発生します。国際結婚はお金がかかることを覚えておく必要あります。

 

その気になれば半年後に結婚してることもあり得るのが国際結婚中国ですが、
お金だけは国内婚活と比べものにならないほど高いです。

 

~お金がなくちゃ国際結婚中国は無理!?年収っていくら必要!?

国内婚活だと

まぁ、お金的なことで言えば、国内婚活だと婚活費用だけで年間30万くらいかかります。その後婚約~結婚式完了までにかかる費用をトータルすれば200~300万くらいでしょうか!?

どれだけの規模で結婚式をやるのかって上下しますが、国内婚活でも数百万かかってきます。

 

国際結婚中国だと
国際結婚中国だと、国際結婚相談所へ払う費用関係だけで150万前後かかり、その他の婚約~結婚式までのトータルだと、300万円前後は覚悟しなくちゃなりません。

 

300万は高すぎて無理だと思うなら辞めよう!

 

国際結婚中国するための年収

あくまで目安となりますが、おおよそ400万円以上~です。
この年収は最低レベルとなるためもっと高年収ならさらに良い女性と巡り合うことができます。

 

サービス、フォロー体制ですが、
実際に業者を利用する前に、どういったところまでサポートしてくれるのか確認しなくちゃなりません。

国際結婚中国で必要なサポート

・お見合い相手選び
・お見合い時の通訳、デートの運び
・結婚式の準備、手配
・来日の手続き関係すべて
・結婚後のフォロー

こんな感じで国際結婚中国相談所がサポートしてくれます。

 

とくに大事なってくるのが、お見合いコーディネート力になってきます。

 

どんな中国女性とお見合いセッティングできるのかというのは、担当者の力量にかかってきますし、在籍している中国女性の質は国際結婚相談所によって相当なバラツキがあります。

 

国際結婚中国を成功するために必要な行動

国際結婚中国に決めたと確信を持てるまで相談所へ足を運ぶ。
迷っていても前へ進めませんから、とにかく行動してみることが大事になります。

 

相談所へ足を運んで国際結婚の実態をどんどん把握し、中身を知ることでイメージを膨らませましょう。

 

日本人との結婚を諦めて国際結婚中国するとなったら、
中国人女性への偏見など持ってるなら、絶対に国際結婚中国はNGです。

 

相手の女性を幸せにしたいと強く願えることができないと、結婚してもすぐに離婚します。
離婚は避けたいのが一般的な気持ちのはずなので、国際結婚中国への本気度を確かめましょう。

 

中国女性との相性を確かめるにはコレがベスト

なんとなく国際結婚中国へ興味あるけど、中国人女性と会話したことないし、どんな人なのか全くわらかないから、結婚へのイメージができない。そんなことを思う男性も多いと思います。

そんなときにベストなのが、婚活パーティへ参加することです。

 

中国人女性と日本人男性をマッチングさせる婚活パーティがあります。
そこへ参加してる中国人女性は日本で暮らしている在日中国人女性がほとんどです。

 

在日中国人女性も日本人男性と結婚を希望する人が多くいます。
この女性たちとお見合いできる場である在日女性との婚活パーティは参加しなくちゃ損です。

 

あまり国際結婚中国へ興味なくても、今の国内婚活に希望を持てないなら、気分転換に参加してみるのがオススメです。

 

料金は数千円と安いため、40~50代男性なら参加してみると良いでしょう。